ブログ - 最新エントリー

お茶碗一杯ができるまで

カテゴリ : 
イベント報告
執筆 : 
marumegane 2008-11-18 18:40
名古屋市緑区にある保育園へ出張授業へ行ってきました。

稲穂についたままのお米を、脱穀し、もみすり、精米、お釜でご飯を炊いてみんなで食べる。午後は縄ない体験やわら遊び。

というプログラムです。

この保育園の地域にはほぼ田んぼは無いらしく、田舎に帰る子もあまりいないとのことでした。

名古屋までの往復は疲れますが、その何倍ものエネルギーを子ども達からもらえるので、大好きなプログラムです。

それにしても、もみすりしたての有機栽培の新米をお釜で炊いたごはん、ホントにうまい、です。

冬野菜の種まき

カテゴリ : 
農園の様子
執筆 : 
kouchin 2008-11-17 21:41

研修生二人で自給自足用に10月末に種を蒔きました。

 

二人とも「はっく」に来るまでは、全くの初心者で夏野菜の時はトマト自体は分かっていても葉っぱが分からないというぐらいの初心者です。

 

夏野菜の時はスタッフの方と一緒にしましたが、今回は1から自分達だけで挑戦!

 

本や今までの経験を思い出しながらやりましたが、種まきの時に既に間違えてしまいました。

 

そして蒔きどきもだいぶ遅くなってしまいましたが。なんとか芽が出てくれ一安心です

 

 

 

企画

カテゴリ : 
考えたこと
執筆 : 
marumegane 2008-11-17 21:05
企画する、ということことをはっくで働き始めてからよくやります。

企画とは、なにか。

字の通りいけば、「画」(え)を「企てる」(くわだてる)
もう少しかみ砕くと、思い描くことを、形にすること、という感じのものだと思っています。

企画することの意味は、他の人にも理解できる形にすること。
良い企画は、人もお金も集まります。

そんなことを思いながら、今日は久しぶりにゆったりと過ごしていたので、色々企画してみました。内容はまだ言えませんが、来年度の企画のことです。





農家民泊、農家民宿

カテゴリ : 
スタッフ日記
執筆 : 
marumegane 2008-11-13 23:38
皆さん、子ども農産漁村交流プロジェクトというのを聞いたことがあるでしょうか。
愛称?はふるさと子ども夢学校だったかな。

まだまだ聞かない名前だと思います。

日本中の小学生に農山漁村で暮らす体験をしてもらおうというプロジェクトで、農水省・文科省・総務省連携の事業です。

はっくを中心に、少しづつではありますが、この大きな流れに乗っていけるよう準備をしているところです。

このプロジェクトの目玉は、「農家民泊」、つまり農家の家に泊まるというやつです。営業許可を取ってない、普通の農家で「田舎に泊まろう」的な体験をするのです。

また、今規制緩和が進み、農家だと「農家民宿」なるものを開業しやすくなっています。

旅館業法で許可を取らないと、人を泊めて料金をもらうことはできません。そしてその許可を取るためには、色々と条件があって普通の民家ではなかなか取れません。ですが、この農家が行う農家民宿であれば、普通の農家宅で営業許可が取れてしまうのです。

これは農業体験をやっていこうという農家にとってはすごく重要な制度でして、僕らも今勉強しながら、田原市内で農家民宿をやりたい人を集めて、一緒に申請していこうと考えているところです。

中途半端な説明ばかりになりましたが、眠くなったので続きはまたいつか。

ジャーナリズム

カテゴリ : 
考えたこと
執筆 : 
hucklejam 2008-11-12 23:26
ジャーナリズム。
英語だから、全然意味がわかりません。
どうゆう意味なんでしょうか。

あまりテレビは見ないのですが、色々理由があり、今、我が家にテレビがあるので、実は結構見ています。

テレビで、ジャーナリスト・筑紫さんが数日前に亡くなったこと報道がよく流れています。改めて筑紫さんのやってきたこと、言ってきたことの凄さを思い知らされてます。

あまり難しい言葉もわからない、教養のない自分でも理解できる言葉で、政治のことや社会のこと、日本、そして世界のことを伝えてくれた方だったと思います。

ジャーナリズムとは、なんだかよくわかりませんが、多分、強いものや弱いもの、少数派も多数派も関係なく、事実を見つめ、広く伝えていくこと、筑紫さんがやってきたことそのものだと思います。

負けない、折れない、その姿勢と視線を忘れないでいたいです。

ご冥福をお祈りいたします。

カテゴリ : 
農園の様子
執筆 : 
hucklejam 2008-11-12 23:07

豚、と言うと、汚いとか臭いとか、そんなイメージとしてよくだされていると思う。
小学校のときとか、いや、大人であっても、「ブタ」という言葉で人を罵るときがある。

ともかく、豚は一般社会では「なんとなく嫌われ者」なんだと思う。

実ははっくでも今年豚を一匹飼っていた。
その豚は今日出荷?というべきか、肉にされるべく、屠殺場へ行った。
自分は立ち会えなかったが。

はっくに来る前にいた農家でも豚を飼っていて、屠殺場まで軽トラで運んでいったことがある。豚は軽トラに乗るのをすごく嫌がっていたのを覚えている。乗せるのに、とてもやっかいだったのも。1匹連れて行かれると、他の豚はなんとなく勘づくらしく、すごく連れて行かれるのを嫌がる。

豚は意外と頭がいい。
豚は意外とカワイイ。
可愛がられて育った豚は、予想以上においしい。

週末、泉市民館祭りで豚汁になります。
はたして、どんな味なんでしょうか。
最新のトラックバック
最新日記
最新のコメント
ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
アーカイブ
カテゴリ一覧
ブロガー一覧
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


メインメニュー

オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...